事務局からのお知らせ


 2014.03.26 会費を銀行口座からの引き落としにされている会員へのお知らせ

 会費引落代行会社みずほファクター鰍ニの契約の変更に伴い、年会費の振り込みに銀行の自動引き落としを利用されている会員におかれましては、6月引き落とし予定の2014年度会費より、ご負担いただく手数料が現行の150円から160円に値上げとなります。  なお、英文学会では郵便局(ゆうちょ銀行)に口座を開設する必要はありますが、「郵便局自動払込みによる会費引き落とし」のご利用を強くお勧めしております。手続きは、事務局からお送りする書類に記入して、ご返送いただくだけです。ご負担いただく手数料も割安(25円)ですので、これを機会に是非ともご検討ください。


・2012年度末の定時理事会で「全国大会開催期間中の託児室開設規程」および「日本英文学会役職者定年規程」が定められました。いずれも左欄の「情報公開」よりご覧ください。


・『英文学研究』の投稿規程のうち、論文字数に関する規定が和文号、英文号ともに更新されております。「投稿規程」欄をご参照ください。また「新人賞」にも同様の更新がなされておりますので、こちらは「新人賞」欄より「日本英文学会第36回新人賞応募規程」をご確認ください。


・終身会員の募集をいたしております。ご関心のある方は、「情報公開」欄にある「終身会員規程」をお読みになった上で、事務局宛てメール等にてお申し込みください。


・日本英文学会は、2011年6月1日より、日本における英文学研究の国際化促進のために、海外研究者招聘後援事業を開始することにしました。詳細は「海外研究者招聘後援事業規程」をご覧ください。該当する企画をおもちの団体による応募を歓迎いたします。応募される団体は、申請書類を電子メールにて事務局にお送りください。


・会員から選抜された役職者および各種委員については、その主要業績一覧を開示することとなりました。左欄の「情報開示」の「役員・評議委員一覧」「委員一覧」をご覧下さい。一覧中に列挙された名前をクリックすると、それぞれの業績紹介のサイトへとリンクされるようにいたしました。


・英文学会では会員の皆さまから事務局宛てにご著書をご献本いただいた場合、ご著書に関する情報を出版から2年のあいだ学会ホームページに掲載することができるようにいたしました。ご著書をお出しになった会員の皆さまにおかれましては、どうぞふるって「会員著書案内」コーナーをご利用くださるようお願い申し上げます。

掲載を希望される会員の方は、 事務局Email: ejimu address[お手数ですが、手入力してください]までメールでご連絡ください。その折には、

1. 著書のタイトル、出版社、出版年

2. 著書の内容の梗概1200字程度

3. 目次

をお知らせくださいますようお願いいたします。

なお、著書は会員独自の研究成果に限るものとし、訳書等は対象外とさせていただきます。また、「会員著書案内」に掲載された著書につきましては、『英文學研究』編集委員会において書評対象の候補として検討させていただきます。



・2011年4月1日より、英文学会は、会員の全員が本部と支部の両方に所属する完全支部体制になり、それにともない、入会案内および会員規程のページをアップデートしました。ご確認ください。


・住所・氏名の変更があった場合には、速やかに学会事務局までお知らせ願いますかねてご案内の通り、刊行物の配送は宅配メール便を利用しており、郵便局に住所変更をお届けになられても、当学会の刊行物は転送されません。また、口座自動引落や刊行物配送の手続きには1〜2週間程度の時間を要します。速やかなご連絡にご協力くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。


・学生会員の方へ〜学生証コピーの提出と郵便局自動払込手続き〜

4月末日までに当年度有効な学生証のご提示をいただかなかった学生会員は、一般会員に身分変更し、5月15日の第一回引き落としの際、一般会員と同額の会費を引き落とさせていただきます。これは、引き落とし日よりかなり前に、事務局から郵便局へ、自動引落の対象となる口座名や金額などを通知する必要があるための措置ですので、何卒ご了解ください。


・全国大会の受付での会費徴収の中止について(2012.01.07)


・郵便局自動払い込みについて(2008.08.18)

・郵便局自動払い込みのご利用について(2008.02.10)


・校費による会費支払いについて(2008.02.10)


・住所変更届けについて(2006.03.21)



トップページに戻る